2010年01月31日

<ひき逃げ>上司が身代わり出頭 部下の男を逮捕(毎日新聞)

 23日朝、厚木市愛甲で、男性が軽傷を負うひき逃げがあり、現場に出頭した近くの塗装会社の男性社員を厚木署が同日夕、道交法違反(ひき逃げ)などの容疑で逮捕した。だが、その後、部下の男性が同署へ「身代わりだった」と出頭、上司を釈放して、改めて2人から話を聞いている。

 同署によると、同日午前7時15分ごろ、同所の県道交差点で、乗用車同士が衝突。同市の男性会社員(29)が首に軽いけがを負い、相手方の車はそのまま逃走した。同8時半ごろ、現場に上司の男性(38)が現れ、捜査員に「免許がなくなると仕事ができなくなると思った」と述べたため、裏付け捜査を行い、午後5時50分ごろ、逮捕した。午後11時50分ごろになって、同署へ「私が運転していた」と部下の男(21)が出頭し、上司も身代わりを認めたという。【杉埜水脈】

【関連ニュース】
北海道ひき逃げ:23キロ引きずり死なす 容疑の男逮捕
ひき逃げ死:救助男性の目前に後続車 福島・いわき
ひき逃げ:容疑で73歳女逮捕 男児に重傷負わせ 愛知
女性死亡:車体にはね上げ7キロ 容疑の女逮捕 宇都宮
ひき逃げ容疑:米兵を逮捕 沖縄県警

無職男、窃盗容疑で再逮捕へ=千葉大生殺害も視野−千葉県警(時事通信)
一足早く「鬼は外」和歌山・補陀洛山寺(産経新聞)
全国初のサッカーくじ偽造事件 夫が手をそめたワケは…(産経新聞)
普天間問題で首相「結論先送りしてよかった」(産経新聞)
「共通言語」としてのICFの在り方を議論(医療介護CBニュース)
posted by フクチ ナオト at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

泣きながら「すみません」=再び「自白」のテープ再生−足利再審公判(時事通信)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無罪が確定的になっている菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれた。うその自白を撤回した菅家さんが、検察官の取り調べでDNA型鑑定の結果を基に追及を受け、泣きながら「すみません」と述べるなど、再度「自白」した際の録音テープが再生された。
 同日午後には、調べを担当した森川大司元検事が証言する。
 再生されたのは、菅家さんが一審公判中だった92年12月8日の取り調べを録音した約1時間25分のテープ。テープによると、森川元検事は菅家さんが前日に「自白」を一転させたことに対し、捜査段階のDNA型鑑定の結果を挙げ、「君の体液と一致する体液が犯行現場にある」と問いただした。
 さらに、元検事は足利事件の起訴は菅家さんが事件を認めたからではなく、ほかにも証拠があったからと追及。沈黙を続ける菅家さんに、「ずるくなれといったわけじゃないんだよ」「僕と目を合わせてない」と強い口調で約10分間にわたり迫った。菅家さんは「勘弁してくださいよお」「すみません」と言って、泣きながら再び「自白」に転じた。
 その後、元検事は「人間としての誠実さを失ったら終わり」「一度話をした以上、自分の心の傷として刻みつけておいてもらいたい」と語り掛けた。 

【関連ニュース】
再度「自白」のテープ再生=取り調べた元検事出廷へ
震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生
取り調べテープ再生=「話しちゃえよと言われた」
11年前にも男性殺害か=経営者強殺事件の被告ら-3人再逮捕へ・宮城県警
井戸の底から遺体発見=屋久島の不明男性か

元従業員の女、再逮捕へ=電器店経営者殺害容疑−鳥取連続不審死・県警(時事通信)
夏川りみさん 妊娠3カ月とわかる 1月下旬まで休養(毎日新聞)
土地所有は陸山会との「確認書」、作成日を偽装(読売新聞)
国技館あるから「よこづな」?いいえ「よこあみ」(読売新聞)
犯人が捨てる?路上に被害者購入品…札幌の殺人(読売新聞)
posted by フクチ ナオト at 02:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

「QCサークル活動」発表会を開催−東京都(医療介護CBニュース)

 都立病院と財団法人東京都保健医療公社の病院・施設では、患者サービスの向上と経営の効率化を目指して、職員らが具体的な業務改善に自主的に取り組む「テーマ別改善運動(QCサークル活動)」を実施している。東京都病院経営本部と同公社は1月26日、代表する18サークルが取り組みを発表する「改善提案2010〜医療現場での取組〜」を開いた。審査の結果、「寝たまま移動で素早く終えるMRI検査」のテーマで発表した神経病院のサークル「放射線安心させ隊」が、最優秀賞を受賞した。

 発表会には、都立病院と公社病院で今年度QCサークル活動に取り組んだ176サークルの中から選ばれた18サークルが参加。それぞれの活動の成果や課題などを発表し、同本部と同公社の担当者や、都立病院と公社病院の院長会、事務局長会、栄養科長会などの代表者ら14人が、テーマ選定の妥当性やプレゼンテーション能力などを審査した。

 最優秀賞を受賞した「放射線安心させ隊」はMRI検査に着目し、小児患者が薬剤による鎮静検査を安楽に短時間で終えるための方策をテーマとした。
 同サークルはこれまでの症例から鎮静を阻害するマイナス要因を分析し、改善策を考案。患者が鎮静に導入しやすいように、寝るまでは平らで柔らかなベッドで、検査時はそのまま移動できるよう移動用のプレートを組み込んだ安静ベッド「ぐっすり検査君」を作製した。
 9月の完成以来、50人余りに使用した結果、技師アンケートでは、使い勝手の良さ、検査時間短縮効果、固定の確実さなど、良好な意見を得ているという。

 審査結果発表後、病院経営本部長の中井敬三氏は、内容の良さに加え、「発表するグループの皆さんが明るく楽しげに取り組みを行っているということを非常にうれしく感じた」と述べた。
 また保健医療公社の帆刈祥弘理事長は、「今回はビッグヒットはないように感じたが、すべての活動成果が地に足の付いた、小粒だがいい内容ばかりだった」と講評。その上で、「QC活動の原点には思いやりの心がある」として、活動を行うほど、患者に対する温かい医療の提供につながり、「患者や地域住民から信用される病院づくりの礎となる」とした。

 このほか、入賞したサークルは次の通り。

優秀賞
 「いっちにじっさ〜ん(持参)」=広尾病院の「DPCアシスト隊」▽「大久保病院消耗品カタログの作成」=大久保病院の「ピンクの象」▽「総合的なCT検査プレパレーションの試み」=八王子小児病院の「alafifty」

敢闘賞
 「『ありそうでなかったこの一台』-患者さんにやさしいX線撮影補助具の作製-」=墨東病院の「チェアリーダー」▽「楽しい、おいしい小児食」=多摩北部医療センターの「ごはん大好きポニョポニョ」▽「選ばれる病院を目指して」=松沢病院の「劇団IJI」▽「もったいない!救出しよう〜期限切れ診材くん〜」=東部地域病院の「帰ってきた大改造劇的ビフォーアフター」

特別賞
 「ストレッチャー上での座位撮影補助具の作製」=駒込病院の「写楽」


【関連記事】
公立病院改革プラン、「策定済み」は92%
災害から身を守れ、病院が患者に「減災塾」
蚊の発生抑えて感染症対策
17サークルがQC活動を発表―東京都
コンシェルジュの設置病院が増加

4億円の原資、説明変えた理由語らず…小沢氏(読売新聞)
新型ワクチン在庫、37都道府県で654万回分(読売新聞)
バイク集団追跡のパトカー衝突、高校生2人重傷(読売新聞)
キムタクTVや安定志向…検察事務官が人気就職先、大卒が殺到(産経新聞)
<小沢氏団体不透明会計>小沢氏聴取会見 岩手県民ら、内容に不満の声(毎日新聞)
posted by フクチ ナオト at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。